So-net無料ブログ作成
検索選択

若手外科医スキルアップ 手術あと目立ちにくい縫合術競う(産経新聞)

 大阪大病院の消化器外科が若手外科医を対象に、手術の傷あとが目立ちにくい「真皮縫合」と呼ばれる技術のレベルアップを進めている。

 大阪市内でコンテストを開催し、関西の病院の医師約50人が参加した。

 伊藤寿記教授らによると、真皮縫合は体内で溶ける糸を使うため抜糸が不要で傷あとが残りにくく、手術後の感染や化膿(かのう)の恐れも低くなるという。従来は、美容目的などの形成外科分野で広く用いられてきた。

 コンテストでは、約10センチの傷が付いたブタの皮膚を制限時間内に医師がきれいに縫う技術を競った。医師3〜4人ごとに阪大教授らが審査員となり、1人ずつ講評した。

 4月の本選で、関西労災病院(兵庫県尼崎市)の男性医師と近畿中央病院(同県伊丹市)の女性医師が優勝者に選ばれた。

 伊藤教授は「手術後の満足度を高めるとともに、外科医不足が問題になるなかで、指導医から評価されることによって若手外科医の意欲向上にもつなげたい」と話している。

【関連記事】
レーシック大手の「神奈川クリニック」破産 料金表示めぐり公取が警告
顔の痙攣でひきこもり状態、手術で復帰 女優・高樹澪さん
高額医療をどうする? 収入減でも一般所得者
ストレス大きい人によくある症状 触っただけで痛む「腕の腫れ」
通所介護施設立ち上げ 介護する母、自らの病が契機 女優・三原じゅん子さん
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

鳩山首相「沖縄の中に一部移設せざるを得ない」 記者団に明言(産経新聞)
将棋 羽生、3連覇に王手…名人戦・第3局(毎日新聞)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
徳島県が防災・安否確認「すだちくんメール」開始(産経新聞)
国際児童文学館を橋下知事が視察 「移転間違ってなかった」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。